2021年01月07日

川口市長蔵 S様邸新築工事竣工写真

こんにちは。
草間です。

昨年川口市長蔵で新築工事をさせて頂きましたS様邸の竣工写真を御紹介させて頂きます。

こちら物件は私の協力業者さんの御親戚という御縁で工事をさせて頂く事になりました。
仕事仲間からの推薦、とても有り難く嬉しい思いです。
施主のS様、御紹介頂いたYさん、ご家族の皆さんに喜んで頂ける仕事を目指し、鋭意取り組んで参りました。
建物のコンセプト・イメージの構築も親戚の方がプランニングをされ、その構想をベースに建築基準法を始め諸条件をクリアする為に当方で修正させて頂きました。

概要
木造2階建
床面積 約125u (1階90u+2階35u)

外部仕上げ・構造
外壁  ガルバリウム鋼板製サイディング・レッドシダー材羽目板
屋根  ガルバリウム製 縦ハゼ嵌合式
木製筋交・耐力面材・制震ダンパー併用
構造計算・梁成検討済・耐震等級3相当

設計・施工・管理 草間工務店

内部仕上げ
壁・天井 ビニールクロス
床    ホワイトアッシュ無垢乱尺フローリング15mm厚・クッションフロア・天然石
造作家具
玄関収納・本棚・サイドボード・カップボード・吊戸棚・座卓・ベッド等

SR埼玉高速鉄道 戸塚安行駅至近 飲食店や商業誌施設も多く、学校や公園も多い素晴らしい立地です。
北東角地で風抜けも良く植栽付き歩道に面していて住宅として本当に羨ましい立地条件に有ります。


今回の画像はフォトグラファーの渡辺昌彦さんに撮影して頂きました。
以下、ご紹介して行きます。
(各画像はクリックにて別ウインドウで大きく表示されます)

外観

MW__2396.jpg

白い縦リブのガルバリウム製サイディングと黒いアルミサッシ・レッドシダー材の羽目板がスッキリとした外観です。


アプローチ

MW__2299.jpg

門扉・フェンスは既存をリメイクして再利用しています。

MW__2288.jpg

アプローチが植栽付きの歩道に面しているので、その雰囲気を大切にしながら外観を整える形で御提案をしました。

MW__2309.jpg

天然石乱形貼りのアプローチ 
中庭形状になっているので植栽スペースとのバランスを取りながら曲線のアプローチになりました。
先々車椅子の仕様の可能性なども考えながら無理の無い勾配としつつ、品と風格を感じて貰えるような設えを御提案しました。

内玄関

MW__2435.jpg

天窓から射す光が壁厚を利用した飾り棚を照らします。
造作の玄関収納も手を掛けやすい高さに設えてあります。

玄関収納の背面はスリッパ入れとマガジンラックになっています。

MW__2456.jpg


書斎兼寝室

MW__2417.jpg

造作したベッド・本棚・キャビネット。
わかりにくいですがモンキーポッドの無垢板で造った文机。
机の下部は足が落とせるように40センチ程床が下がっています。


キッチンダイニング

MW__2472_1.jpg

キッチンはTOCLAS製のBerryと云う製品です。
シンプルなスリムカウンターと栗皮色というカラーの塗装面材でスマートで高級感が有る組み合わせです。
右側は中庭・アプローチを望むダイニングスペースになっています。

ダイニングのカウンター

MW__2479.jpg

栓と云う国産材の無垢板を使いました。
杢の入り・目通り・目積み、どれをとっても素晴らしい良材です。
なかなか出会える材では有りません。

MW__2468.jpg

上下に造作収納を製作し、日常の使い勝手にも配慮してあります。

MW__2489.jpg

突板貼の基材をベースに現場で製作しています。
扉面材の配置・木目の柄合わせや目地の太さにも注意して仕上げました。


和室

MW__2500.jpg

客間であり仏間でもあり、中庭に面した気持ちの良い空間です。
仏様にも上質な空間をと思い、在庫のヤニ松の框材で仏間の造作をしました。

屋久杉の座卓

MW__2507.jpg


圧倒的な存在感。
伐採禁止の材なので土埋木を掘り起こして製材されたものになります。
数えきれない様な細かくうねった年輪、欠損や傷もこの材が辿ってきた歴史そのものです。
そんな天板とは対照的に脚は地松を使ってスッキリと仕上げました。

フローリングの先は中庭になっています。

MW__2511.jpg

個々の空間にゆとりが有り、素敵な空間になりました。
余談ですが、みんな驚くのですがこのお家は男性のお一人住まいです。
羨ましいですね。

使っている素材や見栄えだけ見ると潤沢な予算の上で成り立っているように見えるかも知れません。
もちろん建売住宅と同等の予算とはなりませんが、予算的にも十分配慮して抑えるるべき所は抑えた仕様になっています。
実物の出来栄えと内容に対してのコストパフォーマンスには自信が有ります。
あまりお金の話をしてもせっかくの竣工写真が台無しなのでこの辺で止めておきます…。

立地的に私の作業場と自宅のちょうど中間位の立地で元々の行動圏なので通り掛りに寄らせてただく事も多くなりそうです。
S様Y様にもご配慮頂きとても気持ち良く、効率的に仕事をさせて頂きました。
感謝の気持を心に今後も末永くお付き合いさせて頂きたいと思っています。

草間工務店 代表 草間洋仁






posted by kusama at 17:29| Comment(0) | 竣工写真

2021年01月05日

あけましておめでとうございます。

こんばんは。
草間です。

あけましておめでとうございます。
本日より2021年の営業を開始いたしました。
本年も宜しくお願い申し上げます。

実は一昨日から少しづつ作業に着手しておりまして、作業場にてオーダー頂いているテーブルの天板の加工や作業車の整備などをしていました。
ゆっくり休もうと思っていたのですが、家にいるとどうも肩が凝って頭痛がしてくるんですよね・・・。
早めに作業を切り上げて夕方家に帰ってゆっくりする位が一番体調が良いです(笑)

という事でオーダー品のテーブル天板の作業経過のご紹介を。

今回はモンキーポッドの一枚板です。
材料のサイズは天面で幅700〜1000o位x長さ2100ox厚さ70o
これを仕上がりで750〜900ox2100ox48o位に仕上げます。
特に反ったり狂ったりしている訳では無いのですが、少し薄めがお好みとの事で思い切って厚みを落としていきます。

原材料の状態(木表)

IMG_1098.JPG

右側のシラタ(白い樹皮に近い部分)が幅広いので工夫してバランスの改善をしようと思います。
個性も大切なので完全にシンメトリにする必要も有りません。
無理しない程度に調整していきます。


切削台にセット。

IMG_1217.JPG

シラタのバランスと木目の調整の為、板の下左側に調整版を入れてわざと斜めに削っていきます。


IMG_1222.JPG

この状態で2度目の切削終了時です。
一度に切削できるのは深さ3ミリ程度、幅20o程なので1面の切削に100回ほど切削機をスライドさせる必要が有ります。

裏面も同じように切削。

IMG_1231.JPG

途中側面の整形をして大まかな外形の確認。
最終的にはシラタを少し削ってもう少しバランスを取ろうと思います。

裏面は切削後のサンディングまで終了しました。

IMG_1235.JPG


おもて面は切削迄で今日のところは終了です。

IMG_1236.JPG

木が動きやすい状態で置いておき、歪みが出るかチェックします。
明日以降側面と端面の整形と仕上、その後天面の仕上げをしていきます。

こんな感じで今年も作業をスタートしました。
今現在の予定は新築工事が1件、リフォームを6件ほど予定しています。
新築工事部門の工程に空きが御座いますので、御検討中の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

昨年来、変化が激しい世情となっておりますが、気を緩めずお客様の御要望に適った住まいづくりに邁進して参ります。
本年も宜しくお願い申し上げます。

草間工務店 代表 草間洋仁



続きを読む
posted by kusama at 18:59| Comment(0) | 御挨拶

2020年12月30日

年末年始の営業につきまして

こんにちは!
草間です。

年末年始の営業に関しましてお知らせさせて頂きます。

明日12月31日より1月4日まで年末年始のお休みを頂きます。
期間中につきましても通常通り緊急時の対応は可能です。
緊急時の御連絡先は私の携帯 090-3094-2891 草間迄お願い致します。

令和2年の業務は本日で終了させて頂きます。
最後の作業は昨日竣工写真を御紹介させて頂いた川口市本町の物件のエントランスへの銘板の取付でした。

D06E680E-8483-4DD0-8BA4-F84975BDF253.jpg

ステンレスの切り文字にブラックの塗装仕上げ。
バッチリ取付完了で気持ち良く新年を迎えられますね!

令和2年を振り返るととても忙しくさせて頂き、家族を始め・職方にいつも以上に助けられた1年でした。
何より暖かくご支援頂けるお客様に恵まれた事、本当に有り難く感謝の気持でいっぱいです。

今年は珍しく年跨ぎの現場が有りません。
本当に久しぶりに気持ちが穏やかというか何と云うか・・・
普段は気にもしていないのですが少なからず見えない何かに追いかけられているのかもしれないですね。

そんな訳でここ数日は作業場の片付けや施主様用小物の製作などをしながら新年への準備をしています。
時間が有る時しか作れないのですが、ベンチやスツール、箸置きや壁掛け時計などをその時の気分で造っています。
コーヒードリッパーやオブジェ、箸やスプーンも作った事がありました。
そう言えばエレキギター(ストラトキャスター)も作ったことが有ったな…(笑)
時間が有れば器(うつわ)や根付、お盆や盛皿なんかも作ってみたいですね。

基本的には工事を請け負わせて頂いたお宅に似合うもの、市販品よりもお家にマッチするものを目指して作っています。
現場で作業を進める中で湧いてきた、この場にこんな感じのものが有ったら良いんじゃないかな…というものを形にする場合と、お客様との雑談の中から見えてくる暮らし方に思いを巡らせてこんなものが有ったらどうだろう・・・と思った物を形にしています。
作り終えてお客様にお持ちし品物を見て頂く瞬間、それは答え合わせの様な採点を待つ様なそんな気持ちです(笑)

と云う事で話は逸れてしまいましたが、最近制作した小物たちをちょっと紹介させて頂こうと思います。

まずは箸置き

IMG_0171.jpg

こちらのブログでのご紹介は初めてですが、SNSの方ではたまに載せていました。
最近はこの形を定番としています。
色の違いは樹種の違いで着色は一切していません。
木地に蜜蝋ワックス仕上です。
御要望が有った時に在庫と時間の都合が付いた時にお造りしている感じです。

壁掛け時計
四角

IMG_0186.jpg

アイアンのフレームに在庫で製作時に手元に有る木材を合わせて製作しています。
木材は同じものが無いので他に無い1点物となります。
定形が有る訳でもなく、素材を見て一番引き立つ使い方を考えて配置しています。
今回は杉の瘤杢板の蜜蝋仕上です。
アイアンフレームも職方にサイズオーダーして造って貰っているので他には無い品物になりますね。

壁掛け時計

IMG_0195.jpg

以前、端材でまとめて造った積み木用素材を転用してモザイク模様で組んでみました。
こちらのアイアンフレームもオーダー品ですので唯一無二の物ですね。
こちらもピース色の違いは樹種の違いです。
10種類くらいは混ざっていると思います。

今回作った物は皆お客様の元へお届けして来ました。
喜んで頂けて私も嬉しかったです。

と云う事で改めまして
本年もたくさんのお仕事を頂きまして本当に有難う御座いました。
来年もお客様の気持に寄り添い、より質の高いご満足頂ける家造りに尽力して参ります。

皆様良い新年をお迎えください。
来年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

草間工務店 代表 草間洋仁 
posted by kusama at 15:46| Comment(0) | お知らせ

2020年12月29日

川口市本町鉄骨造4階建テナント・賃貸物件「Catio,」新築工事 竣工写真   

おはようございます。

川口市本町で進めていた鉄骨造4階建のテナント・賃貸物件「Catio.」の工事が完了しました。
私が撮影した画像で恐縮ですが、ご紹介させて頂きます。

川口駅と赤羽駅の中間位の立地で幹線道路に近く、駅にもほど良い近さの住宅街の中という立地です。
隣にセブンイレブン、近所にはホームセンターや飲食店も多く生活しやすい環境となっています。

今回の建物のコンセプトは1階に事務所と貸テナント、2階から4階は各フロア2世帯の賃貸集合住宅となります。
集合住宅の部分に特徴が有りまして、猫と暮らす方専用の物件です。
そのための設えを各部に配慮致しました。

概要

鉄骨造4階建 約293u
外壁 ALC+ウレタン塗装 一部ガルバリウムサイディング・米ヒバ無垢羽目板
防水 屋上部 塩ビシート防水 ベランダ部 ウレタン防水 
エントランス オートロック(非接触センサーキー)
空調機 天井埋込型マルチエアコン
猫用造作 (ペットドア・ペットトイレスペース・可動式棚型キャットウオーク・爪とぎホルダー等)
猫用内部仕上 床材・腰壁に傷がつきにくい素材の採用・網戸にペットネットを採用

画像はテナント・事務所以外の賃貸・共用部分をご紹介させて頂きます。

外観

IMG_8588.jpg


道路斜線に合わせた形状で外壁の施工に苦労しました・・・。
コストとの折り合いをオーナー様とご相談を重ねながら素材毎にメンテナンス性への配慮や質感の付加に注力しました。


エントランス

IMG_8591.JPG 

ALC下地の上に米ヒバの羽目板を施工。
床の天然石と併せて同規模の賃貸物件との差別化を意識してご提案。
エントリーシステムも外部からは非接触センサーキーによる開錠、内部からも人感センサーによる自動開錠としています。
少しでもコストを削減するため、専門工事店を介さず電気工事業者さんと共に配線方法や取付方法などを勉強しました。
今となっては良い想い出です…。

エントランスを入り階段へ。

IMG_8321.jpg


そして各世帯のドアとなります。

IMG_8302.JPG

給湯器や各種メーター類の配置等も意匠性に注意しつつ設置。
限られたスペースで規制等にも合致しながら共用動線としての機能も犠牲にしない様に配慮しています。


部屋番号札

IMG_8276.JPG

メーカー製のアクリルプレートにひと工夫してタモ材でベース板を製作。
部屋内観との親和性を考えて質感の向上を。


各室内部
1号室側と2号室側が有りますが、抜粋しランダムにご紹介させて頂きます。

内玄関

IMG_8257.JPG



LDK

IMG_8240.JPG


キャットウォークや腰壁シート・爪とぎホルダー等の造作。
ありがちな壁付けキッチンではなく、アイランド型キッチンで贅沢な意匠になっています。

IMG_8250.JPG

天井に埋込型の空調機がビルトインされています。
照明器具も全てダウンライトとし、スマートな内観としています。

別タイプLDK

IMG_8268.JPG

こちらはカウンタータイプのキッチンです。
ペットドアやキャットウォーク等の造作も見えます。

IMG_8266.JPG

IMG_8270.JPG

各室1LDKなので寝室も備えています。

IMG_8247.JPG

こちらの部屋も天井埋込型の空調機がセットされています。


洗面所

IMG_8281.JPG

既製品の洗面化粧台を加工して猫用のトイレ設置スペースを製作。
臭いや衛生面に配慮して一緒に暮らしやすい環境を整えています。
その他、可動棚等も随所に設置してスペースの有効活用をしています。

トイレ

IMG_8290.jpg

賃貸物件らしからぬ洗練された器具の設置。
オーナー様の拘りです。


浴室

IMG_8282.JPG

決して広くは有りませんが、こちらも意匠やメンテナンス性に配慮して注意深くご選択いただきました。

4階の一室だけに有るプレミアムな設え。
屋上スペースの占有。
内玄関脇の階段からのみのアクセスとなっています。

IMG_8225.JPG

IMG_8228.JPG


猫tと暮らす方に特化した物件という事も有り、竣工時にはほぼ満室状態となり、現在は事務所・テナントも含め全てのお部屋が埋まりました。
施工業者としても嬉しい限りです。
オーナー様・コーディネートして頂いた不動産業者様、私共施工業者の3位一体で作り上げた達成感、素晴らしい経験をさせて頂きました。
ありがとうございました。
今後のメンテナンス等のアフターケアもしっかりサポートさせて頂きたいと思います。

普段は木造の個人宅の施工が多いのですが、父と仕事をしている頃は鉄骨造も多く手掛けていましたので、鉄骨造も得意です。
むしろ大工をはじめて3年間は鉄骨ばかりで木造をやったことが無かったくらいですので・・・(笑)

という事で・・・気が付けば年末。
今年もいつもに増してハードな1年でした。
紺かご紹介させて頂いた鉄骨造4階建ての他にお引き渡し済み物件が個人様宅で2棟
順次年明けに竣工写真もご紹介させて頂きますのでお楽しみに。

ではexclamation×2

草間


posted by kusama at 08:45| Comment(0) | 竣工写真

2020年07月30日

越谷市 (株)MUSHMANS様 店舗新築工事 竣工写真

令和2年1月下旬に竣工し、旧所在地より移転、グランドオープンして営業されておりました越谷市のMUSHMANS様
店舗新築工事の竣工写真をご紹介させて頂きます。


竣工後約半年が経過し、商品や什器の微調整も整い当初想定した世界観や時代感が反映されて素晴らしい空間へと昇華しました。
これからも変化しアップグレードを重ねて熟成されていくものと思います。
作り手サイドとしてもこれほど今後が楽しみな案件も初めてです。

元々は私自身が洋服を買いに行っていたお店でした。
通い始めてかれこれ10年程になるでしょうか。
偶然な事がきっかけで行ったお店に10年通って楽しんでこんなに大きな仕事を頂けるとも思いませんでした。


そもそも御相談を受けたのは3年ほど前でしょうか。
いつも通りにお店で雑談しながらなんとなくそんなお話になり、御進言したり調べ物を進めて。
土地の目処が立った所でプランスケッチを描いてご提案、御要望を反映して修正したりを繰り返し数度。
だんだんと現実味を増していくプロセスに今までで一番の規模に不安が無かったと言ったら嘘になると思います。
でもきっと素晴らしいものが出来る。 そういう確信も有りました。

令和元年5月に接道道路の歩道切下げ工事から始まり、6月には境界擁壁の築造、敷地環境の整備や上下水道の新規取り出し工事等々。
6月中旬から地盤改良工事を進め、下旬には基礎工事を着工し、7月中旬に土台敷・20日に上棟作業が始まりました。
大きな建物なので上棟作業も9人体制で2日間、ギリギリ目一杯で終える事が出来ました。

その後、工事は順調だったのですが、各地に大きな被害をもたらした台風18・19号が襲来したり、その前後は天候不順で心配事が絶えない時期も有りました。
その大きさ故、作業そのものは捗っているのに終わりが見えない、期日が迫って来る怖さみたいなものを感じていましたが、仲間の協力でどうにか想定通りの工程で終える事が出来ました。

ご了解を頂いて少々あとまわしにした作業は有りましたが・・・

という事で話が逸れてしまいましたが、画像をまとめていたら少々感傷的になってしまいました(笑)
すみません。

完成した新MUSHMANS様店舗 皆様へご案内できる準備が整いました。
建築に係わった全員による渾身の作です。
ご評価を頂けましたら幸いです。

本題の竣工画像のご紹介に進みたいと思います。



改めまして
下記に作業分担と簡単な概要を記します。

建物本体基本設計施工管理・什器製作・備品加工修正等 草間工務店
店舗内装デザイン設計・一部内装工事 HIGH-LIGT
内外装タイル工事 T ART WORKS

店舗・事務所・ガレージ 延べ約170u
木造在来工法

今回も撮影はフォトグラファーの渡辺昌彦さんにお願いしました。
※画像をクリックして頂くと別ウインドウで大きく表示されます

まずはファサードから。

MW_L0146.jpg


お店入り口

MW_L0155.jpg

古い時代のアメリカの倉庫・銀行など、見かたによって様々な印象を受けます。
外装材はスライスレンガ貼りとして、素材感や斑感を大切に目地の巾や仕上げにも留意して施工しております。

次に店内へ
店内は3つのゾーンに分かれていて、それぞれにテーマが設定されています。
こちらではゾーン1・2・3としてご案内させて頂きます。

まず入り口の重厚な特注木製ドアを開け店内に入るとそこはゾーン1。
一面の什器と洋服に圧倒されます。

MW_L0468.jpg

画像手前から奥へ向かってゾーン1・2・3となります。

新しく設えた空間にビンテージ感がミックスされた空間
それは商品の世界観とも共通のものであり、店内に入った途端タイムスリップした様な・・・映画のセットの中に入った様なそんな不思議で素敵な空間。

反対側に目を向けると古い銀行の窓口をイメージしたカウンターが有ります。

MW_L0336.jpg

お会計カウンターをセンターに左側にWC,右側にバックヤードへの入り口ドアが並びます。
大理石調の研ぎ出しカウンター・上げ下げ窓やビンテージの照明などすべてが惰性で決まったものは無く、一つ一つが注意深く検討し決定されたものばかりです。

HIGH-LIGHT菊池さん渾身の研ぎ出しカウンター、カッコいいです。
私もカウンター本体の造作頑張りました(笑)
塗装屋さんも調色に細かな気遣いをしてくれてお客様のイメージを具現化してくれました。
建具屋さんも作り方から操作感まで気を遣って施工してくれました。
この部分だけでなく、一つ一つの作業にそんな物語が有ります。

カウンター奥はお取り置き商品の収納スペースになっています。

MW_L0344.jpg

扉総数は24枚
チョークボードペイントを施した扉にビンテージの把手が映えます。

ゾーン1の天井はお客様ご自身でエイジング処理を施された天井材を貼りました。

MW_L0374.jpg

この天井にももちろん物語りが有ります。 

什器関係も製作しました。

MW_L0330.jpg

MW_L0325.jpg

MW_L0328.jpg


HIGH-LIGHT菊池さんのスケッチを基にどの部分が大切な核なのか・どの部分は施工都合で良いのかを自分なりに解釈しながらの作業でした。
オーナーの藤田様にも菊池さんにも出来上がりにご了解頂けてひと安心でした。

ゾーン2は銀行のバックヤード的な部分を改装したイメージ
商品陳列がメインで棚や姿見鏡のスペースを中心にビンテージ什器と天吊りのドライフラワーを加飾。

MW_L0416.jpg

MW_L0383.jpg


ゾーン3との境界部には刑務所の独房をイメージした試着室が有ります。

MW_L0413.jpg

MW_L0407.jpg


そしてゾーン3

こちらは銀行の内部をリフォームしようとしたら禁酒法時代の闇酒場が出て来たという設定です。
レンガのアーチの先がそのスペースになります。

MW_L0386.jpg

MW_L0449.jpg

レザージャケットの奥には旧店舗入り口の設置してあった鉄格子をリメイクして設置。
あまり目立ちませんが鉄パイプで構成したハンガーパイプにも什器としての機能を加えた細かな加工がされています。
見た目と機能の両立。
アイデアと経験を皆で持ち寄ってより高い次元でご要望にかなうもの造りを目指しました。

撮影が進み外も暗くなり、ナイトシーンも撮影して頂く事に。

お店入り口

MW_L0672.jpg

MW_L0661.jpg


スライスレンガの絶妙な凹凸感。
外部照明を下側から建物へ当てる事でより鮮明になりました。

外観全体

MW_L0599.jpg

雲行きが怪しく小雨が降り始めた絶妙なタイミングでしたがそれ故の一枚となりました。
なんだか映画のセットみたいですね(笑)

こちらのMUSHMANS様
男性用の洋服をメインにオーダー・既製品を問わず、まさに足先から頭の天辺までのコーディネートが可能なお店です。

せっかくの機会なのでご紹介させてください。
ホームページ MUSHMANS
所在地は埼玉県越谷市大成町6-115-2(カーナビは大成町6-116の方が表示されやすいです。)
マップはこちらになります。

イオンレイクタウン至近
レイクタウン北交差点近くの好立地です。

是非お立ち寄りくださいませ。

草間工務店 代表 草間洋仁
続きを読む
posted by kusama at 20:12| Comment(0) | 竣工写真