2016年06月19日

川口市エクセルタム様鉄骨3階建倉庫新築工事 鉄骨建方上棟

おはようございます。
草間です。

昨日は今年初の猛暑日晴れ
暑いです・・・たらーっ(汗)ここ最近は外仕事メインですのですっかり日焼けしてしまいました。

各作業は好天のお蔭で順調に捗りとても助かっているのですが、各地のダムでは渇水状況が相当深刻の様ですね。
どう対処すれば渇水を免れる事が出来るのかと考えると何とも難しい問題ですね・・・。
とりあえずまずは節水からと云う事になるかと思います。
普段から別段無駄使いをしているつもりも無いのですが、だからこそ気を付けて節水する必要が有る様に思います。
本格的な給水制限が有るとの話も有りますので、そちらへの準備もされた方が良さそうです。

 
川口市エクセルタム様の鉄骨3階建倉庫新築工事は鉄骨の建て方をしましたるんるん
本当に天気に恵まれて順調に進んでいますぴかぴか(新しい)

IMG_0243.JPG

大きな部材の搬入、大型重機での建て方作業のなので、危険性を伴う作業の連続です。
事故や危険な状況を生み出さない様に万全の注意を払って作業を進めました。
職方達の作業を見ながら通行する車や人への安全確保などにも気を付け、気を張って現場全体を管理します。

流動的な現場の状況の中で落ち着いて対処する為には事前の準備やシュミレーションが大切です。
今回は私と業者の想定内の範疇で現場が推移したので、トラブルも無く順調に工程が進みましたるんるん

IMG_0238.JPG

資材も多数搬入されるので、出来る限りの整理整頓や適度の休憩をはさみつつ気持ちを整えて作業に臨みます。
建て方を進めつつ、作業の安全に配慮しロープやネットの設置も同時進行でひらめき

現場で見かけた私的に興味を引いたナット。

IMG_0230.JPG

画像は柱の柱脚を固定するボルトです。
M36 と書いてありますのでネジ径が36ミリと云う事になりますね。
記憶にある限りでは、人生で最大のネジだと思いますひらめき

IMG_0325.JPG

建て方もおおよそ終わり、重機を使っての作業は終了しました。
その後、細かい部材の取付や各部ボルトの本締め等が進んでいまして、そろそろ屋根工事やサッシ取付の準備段階です。
サッシは私達が取付するのですが、準備は完了してサッシ本体の搬入待ちと云った状況。

ある程度降雨を想定したスケジュールだったのですが、予定より捗った事で嬉しい誤算が生じています。
生まれた余剰期間を生かして工程の再確認、現場の保全など質の向上に努めたいと思いますexclamation

少し前になるのですが、去年の今頃お引き渡しした川口市のK様邸で頂いたサボテンが花を付けましたるんるん

IMG_0088.JPG

白檀と云う種類のサボテンです。
ここ最近の陽気でグングン大きくなっていますグッド(上向き矢印)
もっと大きく育てて群生させたいでするんるん

来週は練馬区で進めている木造3階建ての現場の基礎工事も終盤になります。
上棟に向けた準備も作業場で進めており、作業場内も資材であふれかえっている状況ですあせあせ(飛び散る汗)
今日は父の日、少々事務仕事は有りますが少し体を休めて明日からの作業に備えておきたいと思います。

ではexclamation×2

posted by kusama at 08:03| Comment(0) | 新築工事

2016年06月05日

川口市エクセルタム様鉄骨3階建倉庫新築工事 基礎工事2

こんにちは 草間です晴れ

関東もいよいよ梅雨入り間近な感じになって来ましたが、日中は日影に入ると気持ちの良い涼しさで湿度も低く過ごし易い仕事日和が続いていますひらめき
当面は外部作業が続くので出来る限り梅雨入りは遅れて欲しいですが、こればかりは何ともし難いですから自然の流れに委ねる他無いですねたらーっ(汗)

コンクリートなどは打設時の降雨は好ましくありませんが、その後の過程に関してはこれからの時期、急激な乾燥を防ぐ意味で言えば適度な湿潤はむしろ保護の役割を果たしてくれます。
なかなか都合良く工事が進まない事も有りますが、時々のベストを探して工程の準備を進めたいと思います。

大げさかもしれませんが、万事を尽くして天命を待つというのが私のポリシーです。

川口市エクセルタム様鉄骨3階建倉庫新築工事 の基礎工事はとても順調に進んでいます。
前回のブログから時間が経っているので既に地中梁のコンクリート打設・型枠の解体も終わりました。

順を追ってご紹介して行きますexclamation
まずは鉄筋の配筋作業。
というか配筋完了ダッシュ(走り出すさま)

IMG_0038.JPG

6人位で1日半で終了。
鉄筋の圧接継手の記録等でバタバタしてしまい、途中で全体の画像を撮るのを忘れてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

IMG_0039.JPG

ピシッと整然と配筋されています。
材種毎の寸法や加工・ピッチ・継手等の確認や記録など、しっかりチェックしました。

今回は鉄骨造の基礎なので鉄筋の径も22ミリの部材が有ります。
これらの鉄筋同士の接続はガス圧接継手となり、引張強度試験の対象です。

IMG_0024.JPG

↑作業の様子。
治具をセットして突き付けた鉄筋を高温で熱しながら引き寄せて接合します。

IMG_0026.JPG

赤くポコッと膨らんでいる部分が圧接した部分です。
5か所ほどテストピースを接収して検査機関で試験します。

その後、耐圧ベースのコンクリートを打設。
IMG_0073.JPG

ポンプ車を使って厚さ20pのコンクリート盤を打設して行きます。
毎度天気が良くて本当に助かりまするんるん

IMG_0076.JPG

綺麗に均して乾燥を待ち、地中梁の型枠を設置。
コンクリート打設の為のレベル出しなど、精度・寸法確認は随時チェックしています。

IMG_0125.JPG

地中梁の成(高さ)は90pあるので、枠の傾きや捻じれにも注意してサポート支柱等も必要に応じて設置します。
今回打設するコンクリートの重量は約60トン位になります。
体積にして約25立米・・・個人住宅ではまずありえない数量ですねひらめき

と云う事でコンクリート打設。

IMG_2190.JPG

バイブレーターを使って空気を抜きながら枠内に行き渡る様に配慮しながら打設します。
耐圧盤コンクリートも含め、今回のコンクリートも強度試験用テストピースの採取を行っています。

IMG_2173.JPG

配合計画や出荷証明、強度試験結果など完了検査時に必要ですので、この辺りも忘れずに対応して私自身の目で見て確認していますexclamation

充分に養生させた所で型枠の解体。

IMG_0165.JPG

乾燥具合、初期強度も申し分ありません。
天候にも恵まれてとてもいい状態でここまで来ています。

鉄骨の加工も最終段階に差し掛かっています。
先日は溶接部の超音波検査に立ち会ってきました。

IMG_2214.JPG

溶接部は目に見えない部分での気泡や隙間、異物の混入等が有ると構造体の強度が保てません。
超音波を当ててその反射や透過具合を見る事で表面からは見えない部分の様子を判断する工程です。

改めて調査機器の表示グラフの読み取り方などを教えて貰い、実際に検査の数値などを確認して来ました。
事前に工場内自主検査で全数を行い、今回は第3者検査として30%の抜き取り検査をしています。

精度の出た仕事はやはり綺麗ですね。

IMG_2219.JPG

寸法、加工精度とも問題無く、順次塗装などの工程へと進んでいきます。
鉄骨の上棟は14日からスタート予定です。

いよいよ間近になって来ましたるんるん
気合も入りますグッド(上向き矢印)

下旬には木造の現場も土台敷を始める予定です。
御見積案件も多くちょっと混み合っていますが、整理して順序良く効率的に進めて行きたいと思いますexclamation
お話を頂くお客様にとって、人生の中での一大事業(決して買い物では無く御一緒に造り上げるもの)な訳ですから、しっかりと本気で向き合ってご要望に叶うもの造りの御提案をしていきたいと思います。

夜寝ていてちょっと蒸し暑くて布団を掛けず・・・と云う所から風邪をひきがちな時期でもあります。
暑がりな私も十分に気を付けたいと思いますが、皆様もお気を付け下さいひらめき

ではexclamation×2



posted by kusama at 10:04| Comment(0) | 新築工事