2017年06月22日

川口市南鳩ヶ谷 T様店舗併用住宅新築工事 屋根板金工事・内部天井下地他

こんばんは 三日月
草間です。

昨日は梅雨らしいというか結構な雨と風でした。
ここ埼玉南部では雨はそれほどでは無かったですが、色々な所で大雨だったようですね。
今年はどうもおかしな陽気ですねたらーっ(汗)
極端すぎず程々に良い塩梅で梅雨らしいお天気をお願いしたい所です・・・。

現場はとても順調でして、うまく雨をかわして工程が進んでいます。
今回ほど構造部分が雨にさらされていない現場も珍しいですねひらめき

まずは屋根の板金工事。
先日までに大工工事の屋根下地は終わっていました。
下地板も雨に濡れる事無くアスファルトルーフィングを敷き、その後ガルバリウム鋼板製の屋根材を敷設しました。

アスファルトルーフィングを敷いた状態

IMG_2706.JPG

画像だけ見ているとなんとなくさらっと張って有るだけに見えますが、アスファルトルーフィングの敷き方にも技術的基準や色々な決まり事が有ります。
現場のプロとしての経験値と瑕疵担保保険等の施工要領を踏まえ、ベストな施工を現場毎に選択し施工ひらめき
職方と私とでコミュニケーションを取り、充分わかっているつもりの事でも確認することが大切だと思っています。

IMG_2722.JPG

素材は間違いなくても作業クオリティ一つで出来栄えはかなり変わってしまいます。
最終的には作業者の人間性が仕事に出て来るものですよね。

IMG_2721.JPG


ベランダ・パラペットの防水工事も終了しています。
FRP防水なので下地を私たち大工が作り、その後防水屋さんが現場でガラスマットとポリエステル樹脂を使い防水層を作成していきます。

IMG_2726.JPG

この作業でも施工要領や基準数値が有るのですが、最後はやはり職人の腕と人間性が仕上がりの差を生みます。

IMG_2727.JPG

素晴らしく平滑にぴかぴか(新しい)
当たり前のようにきれいな事が実は難しい事なんです。

IMG_2728.JPG

作業日の前日夕方に「ちょっと時間が出来たので施工個所を見に来ました」と言って前もって現場に来てくれる仕事に対する姿勢。
そんな取り組み方が仕上がりに表れていまするんるん

その他進捗状況としては、アルミサッシも取付完了exclamation

IMG_2730.JPG

IMG_2729.JPG


天井の下地もほぼ終わっています。

IMG_2415.JPG

IMG_2427.JPG


今日は瑕疵担保保険の検査も有りました。

IMG_2425.JPG

勿論、指摘事項無く終了していまするんるん

工程毎に現場の整理・廃材の搬出をする事でミスや怪我の要因を少なくする様にいつも心掛けています。
現場を綺麗にしておくと出入りの業者さん達もより綺麗な仕事を心掛けてくれますし、安全で清潔な環境を保てるのでデメリットは無いですねexclamation

今後は電気工事がスタートし、断熱材の設置や床材の敷設なども始まる予定。
外壁も貼り始める準備が整っていますので、外部・内部共に変化が有って現場の進捗が楽しいでするんるん

作業そのものは気温の上昇と共に辛く厳しい時期になりますが、休養をきちんと取って気持ちも落ち着いているので今の所心配は無さそうですわーい(嬉しい顔)

とは言え念には念を入れて、万が一にも備えつつ現場に臨んでいきたいと考えていますひらめき

直近の予定としてはこちらの新築物件以外にも畳と襖のリフォームや大きな庭の植栽工事も有り、一か所に落ち着いてという事が少ない状態になりそうです。

車の運転も含め、焦らず気を付けて各作業にあたりたいと思います。
ではexclamation×2

posted by kusama at 19:02| Comment(0) | 新築工事

2017年06月13日

川口市南鳩ヶ谷 T様店舗併用住宅新築工事 土台敷〜上棟

こんばんは 草間です。

遂に梅雨入りしましたね雨
とは言え梅雨入り宣言が有った日も含めて数日間雨が降らなかったという珍しい陽気でしたひらめき
ここ埼玉県川口近辺では梅雨らしい雨は実質今日からという感じです。

そんな変わった梅雨事情のお陰で上棟日から屋根工事と雨にも降られず、とても快調に現場作業が進んでいまするんるん

基礎工事終了後の土台敷・上棟作業の様子を順にご紹介したいと思います。

まずは土台敷。

IMG_2162.JPG

1階は店舗なのでフローリング下地の板を敷く部分は普通の住宅と比べると少ししか有りません。
そんな事情もあって想定よりも早く作業も終了。 
思えばこの辺りから丸1週間雨が降ら無かったんですね晴れ
助かりましたるんるん

土台敷が終わったら翌日には仮設足場の設置。

IMG_2190.JPG

今回の物件は土地に対して建物の面積割合が大きいので足場の設営も色々と工夫が必要です。
作業性と安全性、近隣への配慮を含め色々な事案に気遣いながらの作業となります。

もちろん何もトラブルが無くて当たり前なのですが、皆が漠然とやりたいように作業してしまうとちょっとした事がトラブルの原因となってしまう事も有ります。

私の立場では常に第3者的な目線で現場を見つつ、工程・作業クオリティ・コストの管理をして業者さんと現場進行に当たっています。
私自身現場で大工として作業している事も有り、一般的な現場監督さんよりもより長く現場にいるので、より深く細かく管理する事が出来ているんじゃないかとひらめき

そして上棟作業開始exclamation
前々日までは雨予報だったのですが、前日に曇りの予報へ変化しました曇り
ラッキーですぴかぴか(新しい)
安全に気を付けて作業を進めると同時に、資材の搬入なども順次受け入れつつ進めます。

お昼前までに2階床梁部分迄終了ひらめき
少々遅れ気味でしたがトラブルは皆無で想定の範囲内でしたるんるん

IMG_2194.JPG

整然と並んだ木材ですが、一般的な家屋よりも細かく木組みされています。
画像に見える細めの木材は6px4.5p角の材なのですが、これが有るのと無いのとでは床の剛性感がかなり違うんですよひらめき
コスト増額が最小限でありながら効果的な補強でするんるん

そしてお昼御飯レストラン
今回は施主様に職方全員分をご用意頂きましたぴかぴか(新しい)
有難う御座いますexclamation×2

IMG_2674.JPG

皆が口々に「いや〜凄いご馳走だな〜」と言い、食べ始めると完食まで無言で頂きました。
お心遣いに深く感謝して食後はひと休み眠い(睡眠)

午後の作業も改めて安全第一で気合を入れ直して再スタートグッド(上向き矢印)
その後も極めて順調に進み、4時過ぎには無事上棟完了しました。

IMG_2203.JPG

結局天気は暑くなく寒くなく、雨も降らずで時期を考えれば本当にベストなお日柄でしたわーい(嬉しい顔)
画像ではかなり曇っているように見えますが時折晴れ間も有り、清々しい陽気で大安吉日本当に文句なしの一日でしたるんるん

翌日からは屋根の下地作り。
ここでも雨に降られずスムーズに完了晴れ

IMG_2679.JPG

ピシッと気持ち良く綺麗に出来上がっています。
翌日朝一番で板金屋さんが防水の為アスファルトルーフィングを敷いてくれました。
もう屋根から雨が入る事は有りません。

その後は壁下地や木製筋交いの加工取付など。

IMG_2686.JPG

こちらもすこぶる順調で今日までにほぼ終わっています。

明日からは外壁下地板を貼り始めますので、かなり建物の外形がハッキリとして来ます。
窓の開口位置などの下地も終わり、店舗内の雰囲気も少しづつリアルに感じられ易くなって来ました。
予定している仕上げ方法や図面の位置関係が現場状況で無理が無いかなど、休憩中などに頭の中でチェックしたり、腕組みして眺めたりしています目

今後、アルミサッシ取付、防水工事などを経て瑕疵担保保険の検査等へと進んで行きます。

今日から雨が降り始めて梅雨らしい陽気になってしまいました小雨
まだまだ天候に左右されがちな工程なので、天気予報に注意しながら現場作業を進めて行きたいと思います。
天気がぐずつくとスッキリとした気分になり難いですが、せめて睡眠時間を多めに取って体の疲れをしっかり取り除いて現場に臨みたいと思います。

ではexclamation×2

posted by kusama at 20:43| Comment(0) | 新築工事

2017年06月04日

川口市南鳩ヶ谷 T様店舗併用住宅新築工事 基礎工事A

おはようございます曇り
草間です。

晴れると夏を思わせる様な暑さになって来ましたね。
でもまだ日陰に入ると過ごしやすくて気持ちの良い陽気の様に思います。
お陰ですっかり日焼けしてしまい、焼けてますね〜と言われる機会が多くなりましたわーい(嬉しい顔)

梅雨入りの平均は6月8日だそうですが、6月7日上棟予定でせっせと準備しております。
天気予報は無情にも曇りのち雨、しかも7日・8日と似たような天気らしいですたらーっ(汗)
とりあえず出来る限りの準備をして臨みたいと思います。

現場の方は配筋検査も終わり、コンクリートの打設も完了しています。
※検査の様子

IMG_2592.JPG

検査官による指摘事項無し。
無くて当たり前なんですが安堵しますひらめき
基礎屋さんもきっちり仕事してくれますが私も結構細かくチェックするので問題が有る筈はないんですけどね…。

その後耐圧盤コンクリートの打設

IMG_2041.JPG

打設にはポンプ車を使って作業します。

IMG_2043.JPG


鉄筋に対してのコンクリートの被り厚さや打設状況のチェック。
キチンと出来ていて当たり前なんですが、しっかり確認することが大事。

IMG_2051.JPG

そして打設完了。

IMG_2056.JPG

数日間養生期間を置き、立ち上がり部分のコンクリート打設準備へ進みます。

IMG_2071.JPG

良い感じで硬化が進んでいますねるんるん
外周部の型枠を解体し、立ち上がり部分の型枠を建て込みます。

IMG_2076.JPG

雑然としがち現場でも資材や道具を整理しながら作業する事で、安全でミスも無く綺麗な仕上がりに繋がります。
ちょっとした手間と気遣いなんですがとても大切です。
業者さんも気遣って作業してくれますし、私が気になるところが有れば私が片づけたり。
誰の仕事だからという境界は無く、気が付いた人間がその時々でベストを考えて動けば良いんだと思います。

そしてコンクリートの打設。

IMG_2082.JPG

再度ポンプ車の出動です。

気泡を抜きながら焦らず丁寧に打設していきます。

IMG_2089.JPG

鉄筋と型枠・アンカーボルトとの位置関係も確認し、記録に残して置きます。

IMG_2090.JPG

コンクリート打設後、天端の高さ調整用レベラーを既定の高さに流し込みます。

IMG_2107.JPG

レベラーの施工が完了。
平滑な綺麗な天端ですぴかぴか(新しい)

IMG_2113.JPG

この後十分な養生期間を取って硬化させ、その後型枠の解体。

IMG_2116.JPG

朝方雨がパラついたので現場内が濡れていますが、コンクリートにとっては返って都合が良い位です。
各部バリなどを取り除いて基礎工事の完了です。

IMG_2126.JPG

今回も天候の影響もなく良い基礎が出来上がりましたるんるん
明日からは木工事の段階です。
作業場での資材準備も終わり事前準備は万端exclamation
基礎屋さんからのいい流れを継続して現場を進めたいと思っています。

先日、3年半ほど前に竣工した川越のK様邸にメンテナンスに伺ってきました。
今回は外部の木部の手入れです。

IMG_2119.JPG

こちらのお宅では軒や玄関周りの仕上げ材に木を多く使っています。
風雨にさらされても問題無いように処理しているのですが、時間が取れた事も有り早めの手入れをしました。

IMG_2647.JPG

この他、ウッドデッキもキシラデコールで塗装。
これで当分は手入れも必要無いでしょう。
ずっと気になっていたので一安心ですひらめき

冒頭でも触れましたが、そろそろ梅雨入りとの事雨
現場の運営や資材管理にも十分注意して作業をしていきたいと思います。

ではexclamation×2
posted by kusama at 07:28| Comment(0) | 新築工事