2017年08月25日

川口市南鳩ヶ谷 T様店舗(カフェ)併用住宅新築工事 店舗造作工事

こんばんは、草間です三日月

いや〜暑いですね〜あせあせ(飛び散る汗)
ここ数日の残暑が半端な暑さでは無いです・・・。
暫く雨が続いていたので、身体も心ももう少しで秋かな〜位の気分になってましたたらーっ(汗)
いつもより休憩と水分補給を多めに取って何とか凌いでいます。

そんな中、東北・北陸地方では大雨との事、災害は本当に心が痛みます。
台風や雨はある意味地震よりも頻繁に災害をもたらすのでとても怖いですね・・・。
準備して災害に備えるにしてもどうにもならない事も多々有ります。
いざと云う時は早めに避難する事が大切ではないかと思います。。
まずは近隣の避難所・避難経路の再確認・家族との話し合いからですよね。
ウチでも改めて話し合いたいと思いますひらめき

川口市の南鳩ヶ谷で進行中のT様店舗(カフェ)併用住宅、現場の方は順調でして、各種造作部材製作も終了し現場での取付段階になっています。
店舗(カフェ)なのでカウンターなど無垢材を使いつつ、仕上がった時に存在感を主張し過ぎない様なバランスを心掛けて配置しています。

順にご紹介していきますねひらめき
まずはキッチン部分の対面カウンター
カウンター素材は米杉・開口枠はスプルスです。

IMG_3171.JPG

重厚です・・・。 厚さ7センチです。
分厚くごついですが木目が柾目でスッキリしているので、それほどしつこくは無いと思いまするんるん

カウンター小口端面の年輪

IMG_3180.JPG

もの凄く細かいピッチで刻まれた年輪。
このカナダ産の米杉、とうの昔に伐採&輸出禁止になっていると聞きました。
この木で軽く樹齢1000年級ではないでしょうか。

IMG_3181.JPG

上の薄めのカウンターでも厚さ45o有ります(;'∀')
この2枚は元々1枚だったものを割いてそれぞれに厚さを調整しました。


そして前の道路に面したカウンター席のカウンター
こちらの素材は日光杉です。

IMG_3197.JPG

元々銘木屋さんの在庫品で塗装も掛かって仕上がっていたのですが、傷がついて反りも出ていて長期在庫となっていた品物です。
縁が有ってウチに来て3年くらい経ったでしょうか。
ようやく日の目を見る時が来ましたぴかぴか(新しい)

IMG_3204.JPG

作業場で加工し直して反りも無くバッチリ仕上がっていまするんるん
職人として材料のポテンシャルを上手く生かせるととても嬉しいんですよね。
仕事としてお金を頂いているのに楽しみながら出来ちゃう訳で、本当に恵まれているなぁと思います。
改めて仕事を頂ける施主様に感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございますexclamation×2


トイレの手洗いカウンター
素材は楠。
元はこんな感じでした↓

IMG_3048.JPG

加工して反りや捻じれを取り、現場で取付完了↓

IMG_3208.JPG

向かって右側に手洗い器を載せます。
楠は水にも強いので、適材適所という感じです。
特徴である樟脳の香りがトイレの中に良いアクセントになるかと思いまするんるん


店舗入り口脇のお客様用手洗い器カウンター
素材は屋久栂です。

IMG_3192.JPG

この45x90p、厚さ3pの板がかなりイケてるんですぴかぴか(新しい)
シンプルなキャビネットを下に作って上には手洗い器を載せます。
さりげなく上等な物を・・・。
気が付いてくれる人が居てくれたら嬉しいなぁと思いつつこの材を拠出してしまいましたexclamation

各部材は塗装前の下地状態です。
これから家具・扉部材が付いて仕上がっていくのが楽しみです。

そして今日、近所の突板屋さんに行って壁のポイントになる部位に貼る材料を仕入れて来ましたるんるん
ちなみに突板というのは、天然木を薄くスライスした物で、ベニヤ板などに張り付けて建具や壁・天井等に使用します。

同じ川口市内に有る突板屋さんの山一商店さんが製品在庫・素材のストック量も半端じゃなくてとても頼りになります。

製品の在庫の様子↓

IMG_3052.JPG

w1200xL2400のベニヤに貼り付けた製品。
様々な樹種を現物を見てチョイス出来まするんるん

素材の突板
(紙の様に薄くスライスした突板が材種毎に一括りになって積んであります)

IMG_3053.JPG

ここに写っているのは店先に出ているごく一部で、2階の倉庫にこの数倍のストックが有りました。
特殊な材や杢目も多く、スライスされている厚さも数種類ありました。

そして今回仕入れてきたのはこちら↓

IMG_3055.JPG

ハードメープルの縮杢ぴかぴか(新しい)
白系ですが色を入れて仕上げるのも面白そうです。

IMG_3057.JPG

無塗装だと杢目の揺らぎがわかりにくいですが、塗装をするとグッと引き立って見違える様になります。

突板のスライスの仕方にも色々ありまして、通常の鉋掛けの様に平面をスライスしたものとダイコンのかつら剥きの様にスライスする方法とが有ります。
今回はかつら剥き・業界用語ではロータリーと言いうものをチョイスしました。
ロータリーの物は年輪部分の木目が面白く出るのが特徴だと思います。
画像の茶色の部分が独特な文様になっていて、とても面白く良いアクセントになりそうです。
これをキッチンの客席側、2面の壁に貼ろうと思います。
どんな仕上げになるかは後のお楽しみという事でひらめき

現場の外の工事看板を利用して案内板を取り付けましたexclamation

IMG_3042.JPG

お施主様のご都合と工事の進捗状況を調整させて頂きつつご案内の準備を進めています。
スケジュールが決まりましたらこちらでもご案内させて頂きまするんるん
宜しくお願い致します。

ではexclamation×2

posted by kusama at 19:52| Comment(0) | 新築工事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]