2015年12月26日

世田谷給田I様邸 竣工写真 A

先日の御紹介に続きまして、今回は私が撮影した画像を御紹介したいと思います。
現場の中でふと良いなと思ったカットや、普段あまりご紹介しない水廻りの設備機器などを御紹介させて頂きます。
素人撮影・稚拙な機材ゆえ、画像クオリティにつきましてはご容赦ください。

※画像をクリックして頂くと別ウインドウで大きなサイズでご覧頂けます。
まずはトイレから。

造作部分は手洗いカウンター・吊戸棚
床はタイル、天井は榀(シナ)無垢羽目板オスモウッドワックス塗装(セルフ工事)
設備機器はLIXILのSATIS Eです。

IMG_1691.JPG


キッチンカップボード

榀ランバーコア+ホワイトアッシュ無垢部材
オスモウッドワックス塗装(セルフ工事)
大きめの吊戸棚と引き出し4か所、炊飯器用引き出しなど。
下部はダストボックスに合わせて開口してあります。

IMG_1683.JPG

 
ユニットバス

TOCLAS SCV
使いやすく洗練されたデザインと質感豊かな優れた商品です。
浴室換気乾燥機も着いています。

IMG_1695.JPG

 
洗面脱衣室

洗面台 TOCLAS EPOCH W900
ライン取手 3面鏡

IMG_1697.JPG

 
階段

鉄製作フレーム 黒塗装(セルフ工事)
楠無垢一枚板段板 オスモウッドワックス塗装(セルフ工事)
段板と鉄の部材の寸法に関連性を持たせ、スッキリとした意匠に仕上げました。

IMG_1703.JPG

 
2階キッチン〜洋室 通路 造作棚等

天井 フレキシブルボード 
デッドスペースになりがちな部分も本棚として活用しつつ、デザイン的に雑多にならない様に心掛けています。

IMG_1735.JPG 


ダイニング〜リビング

楠無垢一枚板 ダイニングテーブル・ブラックウォールナット無垢 ベンチ製作等
カーテンがついてより柔らかい表情に。

IMG_1707.JPG


リビング

テレビボード・エアコンカバー製作
照明の電球色の演出も有って、ソフトな質感でリラックス出来そうな空間です。

IMG_1726.JPG 

ダイニング〜キッチン
広過ぎず、コンパクト過ぎない日常の生活にちょうど良いボリュームです。

IMG_1727.JPG


外部
玄関廻り
スマートな意匠と表情豊かな木の質感の無理の無い取り合わせです。
単純なシンプルモダンとは一線を画します。

IMG_8682.JPG

 
インターホン・表札・ポスト口 一体プレート
杉 瘤杢無垢板 オスモウッドステインクリアープラス塗布
なかなか巡り合えない希少な材です。
インターホン廻りをもっと攻めて作りたかったのですが、カメラが広角レンズ搭載で板が映り込んでしまうので・・・。
画質優先で加工取付する事になりました。

IMG_8686.JPG


バルコニー
全部材共檜 各部位製作
ウッドロングエコ塗布
こちらも無機質と有機質の融合。
純粋にカッコイイですね。

IMG_8640.JPG

 
中庭

ウッドデッキ レッドシダー キシラデコール塗布
光と風を取り込む中庭にも木の質感をプラス。
約1坪と決して大きくは有りませんが、とても贅沢な空間に感じます。

IMG_8713.JPG

今回もお客様の御要望にお応えしつつ、プロとして一つ上の品質を心掛けました。
コストの面やお客様の思い描かれているであろう仕上がりの範疇から大きく突出し過ぎない様に気を付けています。

無垢素材を多用しているので、時間の経過と共に味わい深い風合いが出て来るのも楽しみですね。
そう云った部分で進化する家として愛着を持って暮らして頂けると思います。
家造りにお力添え出来て嬉しかったです。
今後とも長くお付き合いさせて頂きたく思っております。

次は年明けから木造3階建ての共同住宅の新築工事に取り掛かります。
賃貸物件なので、コスト面に留意しつつもクオリティの高い仕事を心掛けたいと思います。
健康にも留意し、体調を常に万全にして取り掛かりますexclamation

年内は30日まで現場作業、31日午前迄の営業とし、新年は1月4日より営業予定です。
今年も残り少ないですが、車の運転や怪我に気を付けて作業したいと思います。
皆様もを気を付け下さいexclamation

ではexclamation×2









posted by kusama at 18:53| Comment(0) | 竣工写真

2015年12月23日

世田谷給田I様邸 竣工写真 @

H27年 12月中旬 お引き渡し前のI様邸にて竣工写真を撮影しました。

現場は仙川駅近くの静かな住宅地に有り、隣地との合間を上手く活用した明るく風通しの良い住環境です。
木や鉄と云った個々の素材感を大切にしながらの全体の統一感、シンプルな構成に見える様でありながら機能的に豊かな生活を送って頂ける様な誂えに気を配りました。

今回も撮影は(株)シルバーバックの山下さんにお願いしています。

第一種住居専用地域
建蔽率     40%
容積率     80%
敷地面積   100u(約30.25坪)
延べ床面積  79.96u(約24.1坪)


木造在来工法2階建
土台 国産檜 105ミリ角
柱  W.W集成
梁・小屋組 赤松集成・米松 
木製筋交い+体力面材

 
1階 洋室+洋室+洗面室+トイレ+浴室+土間収納+WIC
2階 洋室+LDK
小屋裏収納 18.23u
木製バルコニー

内部仕上げ
床 1階 アッシュ(タモ)ウレタン塗装仕上 2階 オーク(楢)オイル塗装仕上げ
建具材 LIXIL ウッディライン特注ハイドア 
窓枠・各部見切材等 ホワイトアッシュ無垢
階段 鉄フレーム+楠無垢一枚板50ミリ厚
框 タモ無垢材 
天井仕上げ クロス・シナ無垢羽目板・シナ合板目透・フレキシブルボード 
壁仕上げ  クロス
造作家具 ダイニングテーブル・ベンチ・カップボード・トイレカウンター・対面キッチンカウンター・テレビボード等
 
外部仕上げ
屋根 ガルバリウム鋼板嵌合式縦ハゼ
外壁 ガルバリウム鋼板製サイディング・レッドシダー羽目板縦張 キシラデコール塗布
中庭床 レッドシダー キシラデコール塗布
バルコニー 全部材 桧製 ウッドロングエコ塗布
庇 アルミ平板 製作品

以下画像を御紹介致します。

外観

_D090092.jpg


1階主寝室

_D090069.jpg


鉄フレーム+楠無垢板 階段

_D090083.jpg


LDK

_D090118.jpg


テレビボード

_D090019.jpg


DK

_D090043.jpg

他にも細かな造作やご紹介したい部位も有りますので、後ほど掲載いたします。
お楽しみに。

ではexclamation×2
posted by kusama at 07:15| Comment(0) | 竣工写真

2015年06月14日

川口市道合K様邸新築工事 竣工写真A

こんにちは、草間ですexclamation

先日の竣工写真に続きまして、私が撮影した画像をAとしてご紹介させて頂きます。
造り手目線である事に加え、技術的・機材的にも劣る画像では有りますがご容赦ください。

今回は私のお気に入りのカット、造作家具などを中心にご紹介させて頂きます。

まずは2階の主寝室
東南に面し日当たりがとても良く、納戸が北側に有り風の通りの良い清々しい寝室です。
吉野杉の羽目板を使った天井で穏やかで柔らかな雰囲気に仕上がっています。

IMG_1180.JPG

照明器具は敢えてシーリングライトを採用し、柔らかな光の存在感を感じて貰える様に設計しました。

1階トイレ
将来車椅子が必要になっても使い勝手の良い造りにしています。
トイレとしては大きめの1.5帖、ドアの幅も90センチ有ります。
天然木曽桧の無垢カウンターと天井の杉の羽目板で和モダンな雰囲気です。

IMG_1202.JPG

パーツ構成を吟味して意匠性とコストバランスに注意し、廉価でも見栄えのする一室となりました。

ダイニングキッチン
南向きの明るいダイニングキッチンです。
梁現しに杉の羽目板を組み合わせた天井で天井高は約2.6m有ります。
敷居や建具のレールが無い床と相まって実面積以上の広さと開放感です。

IMG_1199.JPG

使い勝手重視、日々の生活で自然と片付き易い配置と収納をプランニングしています。
キッチンはコストパフォーマンスに優れたTOCLAS製Bbです。

ダイニングテーブル
秋田杉無垢一枚板の天板と山武杉無垢材を使った脚。
木曽桧を使ったベンチも添えました。
天板の仕上げは2液ウレタンクリア艶消し、脚・ベンチはオイル塗料(オスモウッドワックスクリア)で仕上げています。
テーブルはL1550xW750xH650(各mm)天板板厚55mmです。

IMG_1215.JPG

DKの面積的に大きすぎるものは避け、家族構成と来客数などを考慮してサイズを決めました。
これからは少しづつ経年変化して素晴らしい色合いに変化していくと思います。

造作電話台
秋田杉無垢天板とシナランバーコア・桜の各部材で造りました。
天板の強めの縮杢と色合いの揃った桜のパーツ、シナランバーのシンプルな構成の箱でバランスを取りました。
仕上げはオイル系塗料(オスモウッドワックスクリア)で仕上げています。

IMG_1206.JPG

IMG_1208.JPG

実用性一辺倒ではなく、少し遊び心も必要かと思いデザインしました。
木の素性を最優先にモダンな要素を多めに取り入れています。


仏壇用置台
お客様がお持ちの仏壇に合わせて後述のテレビ台との関連性を持たせて製作しました。
シナランバーコアと木曽桧無垢板で造ってあります。
コンパクトな為、必要な要素のみの構成で使い易さ重視です。

IMG_6897.JPG

設置場所にあまりゆとりが無かったため、必要最小限ですが、隣のテレビ台と連続した意匠とすることで無理なく納まりました。

造作テレビ台
先述の仏壇台と隣接して設置しています。
箱型ではなく、脚元をスッキリと軽いイメージで仕上げ、圧迫感を少しでも少なく出来る様に心掛けました。
32インチテレビとHDDレコーダー1台を無理なく収容出来ます。
天板は木曽桧無垢板、棚板はシナランバーコア、脚は槐です。
仕上げはオイル系塗料(オスモウッドワックスクリア)で仕上げています。

IMG_6898.JPG

天板のワイルドな質感と柔らかい曲線のシンプルな棚板、敢えて槐の脚をスマートにし過ぎない様に心掛けました。

 
今回は木の素材感大切にしながらお客様のお好みと使い勝手に合わせた、「和」を感じるテイストの家が出来上がりました。
素の自分をさらけ出せる、無用な気遣いが要らない心地の良い空間。
そんな器としての家造りを日々心掛けています。
お客様の笑顔を拝見していると、すべての過程・職人たちの努力も報われる幸せな気持ちになります。
ありがとうございます。


次の物件は少し間が空いてしまうのですが、世田谷区にて新築工事のご依頼を頂いております。
次回はお客様が懇意の設計事務所さんによる設計で、施工一式を私が請け負わせて頂くプロジェクトです。
私が御提案した新しいチャレンジも多く、やり甲斐の多いこれまでと違う当社の仕事を見て頂ける機会になりそうです。
体調を整え、気持ちも新たに取り組みたいと思っております。

ではexclamation×2






posted by kusama at 09:45| Comment(0) | 竣工写真

2015年06月09日

川口市道合K様邸 竣工写真

H27年 5月下旬 お引き渡し前のK様邸にて竣工写真を撮影しました。

現場は静かな住宅地内に有り、日の出から日没まで明るく風通しの良い素晴らしい住環境です。
各所に無垢素材の造作家具を適所に配置し、バリアフリー性に留意しながら先々の生活変化を許容できる家づくりを心掛けました。

今回も撮影は(株)シルバーバックの山下さんにお願いしています。

都市計画区域内
第一種中高層住居地域
建蔽率     60%
容積率     200%
敷地面積   91.67u(約27.7坪)
延べ床面積  100.56u(約30.4坪)


木造在来工法2階建
柱・土台 国産檜 105ミリ角
梁・小屋組 赤松集成・米松 
木製筋交い+体力面材+制震ダンパー

 
1階 DK+洋室+洗面室+トイレ+浴室+土間収納
2階 洋室+WIC+洋室+WIC+トイレ


内部仕上げ
床 樺桜無垢 ウレタン塗装仕上げ
階段 桧無垢 ウレタン塗装仕上げ
建具材 LIXIL ウッディライン2.4mハイドア  
天井仕上げ クロス・杉羽目板(2種類)
壁仕上げ  クロス
造作家具 DKテーブル・カップボード・トイレ手洗いカウンター・電話台・玄関収納・テレビ台・仏壇台 

外部仕上げ
屋根 ガルバリウム鋼板嵌合式縦ハゼ
外壁 ガルバリウム鋼板製サイディング・窯業系サイディング
サッシ LIXIL DuoPG+遮熱高断熱ガラス

以下竣工写真です。

外観

_5280007.jpg


DK~洋室・洗面室

_5280025.jpg


DK~洋室・ホール

_5280021.jpg


玄関収納

_5280046.jpg


洗面室・浴室

_5280060.jpg


2階洋室A~WIC・A

_5280042.jpg


2階WIC・B~洋室B

_5280036.jpg


DK/洋室

_5280052.jpg


間取り図
1階

バインダー1-1.jpg
2階

バインダー1-2.jpg
他部分も後ほどご紹介いたします。
お楽しみに。

ではexclamation×2

posted by kusama at 07:39| Comment(0) | 竣工写真

2014年12月26日

草加市S様邸 竣工写真B

おはようございます 草間です。

先日の竣工写真Aに続きましてBをご紹介させて頂きます。

今回分も私が撮影した画像になります。
クオリティの点で劣る部分が有るかと思いますがご容赦ください。

まずはLDK内を部分ごとにご紹介します。

キッチン
TOCLAS Berry W2550

IMG_0842.JPG

T型サイクロンフードとハイバックカウンター・多機能ガスコンロや食洗器など、充実の装備です。
主張し過ぎない白系の面材が部屋の雰囲気に合っていますねぴかぴか(新しい)

造作カップボード

IMG_0839.JPG

LDKテーブルと一体型になっています。
隠す収納と見せる収納に分けつつも、奥行きを多めに取って絶対的な収納量を確保しています。
左下はダストボックススペースです。

壁を挟んで真裏に在るLDKデスクスペース

IMG_0804.JPG

LAN配線やコンセントなどを配置。
パソコン以外にも書類などを置いても作業しやすい充分な広さです。
LDK内なので飾り棚的な要素も踏まえ、見え方に注意して造りました。

電話・通信機器スペース

IMG_0852.JPG

桧一枚板をカウンターに使っています。
桧の存在感を感じつつも大人しい色目でシンプル且つ機能的なスペースです。
内部は充分な容量の棚を配置して、子供さん達の学校関係のプリントや色々な取扱説明書など、雑多になりがちな書類関係をまとめられる様なスペースになっています。


2階子供室の詳細

ロフトからの全景

IMG_0912.JPG

ロフトの床は部屋の床から2.4mの高さにあります。
総天井高は3.8mです。
手摺はスチールで製作しています。

IMG_0923.JPG

天井ギリギリに取り付けたハイサイドライトと効率的に設置した窓で、外観からは窓が小さく感じつつもとても明るい室内になっています。

造作ベッド

IMG_0934.JPG

シングルサイズのマットレスに合わせて製作しました。
階段型収納のベッド側は本棚になっていて、スペースの有効活用と使い勝手を両立しています。
私は寝る前に本を読みながらベッドに入るのが好きなんですが、ここは理想の就寝環境ですね・・・あせあせ(飛び散る汗)
勿論、コンセントや照明なども配置して使い勝手もバッチリです。

子供室に関してはお施主様を始め、ご覧頂いた方々が子供さんがうらやましいと仰っていましたわーい(嬉しい顔)
面積的には決して大きな部屋ではないのですが、ロフトと造作家具でゆとりある空間にする事が出来た様に思います。

いよいよ今年もあと数日。
お勤めの方は今日明日で仕事納めの方も多い様ですね。
私はなんだかんだと30日位までは作業していると思います。

世の中全体が忙しい時期ですので、事故や怪我等に気を付けて行動したいと思います。
皆さんもお気をつけて。

ではexclamation×2
posted by kusama at 06:39| Comment(0) | 竣工写真