2013年01月10日

川口市 A様邸 トイレリフォーム

こんばんは 草間です。

お正月休みのブランクも無くなり、バリバリと通常モードで仕事をしていますexclamation

相変わらず寒さは厳しいですが仕事に集中しているとあまり寒さは感じません。
休憩時などに動くのを止めた時は寒いですが、風さえ無ければ日差しは暖かい様に思います(10時〜15時限定)晴れ

さて、今日は先日工事させて頂いた御近所のA様邸のトイレリフォームを御紹介します。

築30年程の御宅で、新築当初から御使いの器具が配管からの水漏れを起こしてしまったとの事で交換の御依頼を頂きました。

作業前

IMG_7922.JPG

以前は良く見かけた隅付けロータンクというタイプの器具です。
このタイプは貯水タンクと便器の間の配管から水が漏れる事が多いです。

今回もまさにそのパターンでしたが、現状だと水漏れを直したとしても暖房便座やウォシュレットなどの装備が一切無い状態。
そこで極端な快適装備は必要無いけれど有る程度現代的な装備にしませんかと云う御提案をさせて頂きました。

IMG_7928.JPG


一緒に床のクッションフロアと壁のクロスも貼り替えました。
(クロスの糊が乾ききっていない為皺が入っていますが乾けば無くなります)
器具交換をする場合、御予算次第では有りますが同時にこちらのリフォームもお勧めしています。

今回の器具はLIXIL製のアメージュZのタンク&便器+KB11便座の組み合わせです。

作業としては既設器具撤去〜配管切回し〜コンセント電源取出し新設〜手摺類取り外し〜クロス・クッションフロア貼替え〜新規器具取付〜手摺取付 となります。

今回の費用は191,284円税込※廃材処分費 紙巻き器 タオルハンガー込
この中で実際には器具関係の金額が11万円弱と消費税が9,000円程あるので、作業費、工事費は60,000円です。

水道屋さんとクロス屋さんが作業中は私は時間が余るので建て付けの悪い建具の調整をしたりして時間調整。
合間の仕事ですから特にお代は頂きません。
それよりも寒ーいこの時期に建具の隙間が有ってさぞかし寒かったのでは無いかと・・・雪
喜んで貰えたし、建具もビシッと閉まって気持ち良いのでそれでOKでするんるん


そんな訳でひらめきリフォーム工事も得意ですので大小に係わらず御気軽に問い合わせ下さい。

まずは思い合わせフォームからどうぞ↓
http://kusamakoumuten.com/contact.html

お見積りは内容や金額も解り易く作成するように心掛けています。
御用が有りましたら是非お申し付け下さい。
posted by kusama at 19:11| Comment(0) | SHOWCASE(作品事例)

2012年08月01日

杉板 時計製作

こんばんは 草間です。

猛烈に暑い日々が続いていますが、皆さんお元気でしょうか?

私事では有りますが、我が家のリビングに付いているエアコンがご機嫌斜めで帰宅後も暑さに悩まされていますがく〜(落胆した顔)
もう15年選手なので頑張ってくれている方なんですが、家に帰っても暑いのはちょっとキビシイです・・・バッド(下向き矢印)

金曜日には新しいエアコン様が来るんですが、ここ数日は指折り数えて待っていますダッシュ(走り出すさま)


さて 本題の時計製作です。

知人より依頼が有りまして、ちょっと造ってみました。
ネットで屋久杉等の板を使った時計が販売されているらしいのですが、結構良いお値段がするらしいんですね。
もっとリーズナブルに出来ないモノかという事でチャレンジしてみました。

元来、杉の杢目も千差万別で、素晴らしい目の積んだ杢の屋久杉も有れば全く反対の屋久杉も有ります。
それとは別に、産地不明の杉でも素晴らしい杢の材料も有るんですよね。

今回はそんな産地不明の杉板を使ってみました。
まあ屋久杉の在庫が無かったって事も有るんですけど・・・眠い(睡眠)


IMG_1230.JPG

直径35センチ位です。
非常に樹脂分の多い杉で、素地の状態でもペーパーで表面をこするとすぐに目詰まりしてしまいます。
こんな杉は他に見た事無いです。
12時、3時、6時、9時の位置の埋め木は黒檀で造りました。
針は金属製の黒。
オスモのエキストラクリアー(#1101)で仕上げて有ります。

壁に掛けると↓な感じです。

IMG_1234.JPG


その他に違う仕様でもう一つ。

IMG_1236.JPG


直径23センチ位。
埋め木は黒檀で、針は時針と分針が木製、秒針は金属製の金色です。
オスモのウォルナット色(#3101)で仕上げて有ります。

造ってみた感想としては、時計のサイズで杢目を楽しもうと思うと、ちょっとしつこい位の緻密な杢目が出ている板じゃないとダメだと云うことでしょうか。
十分な年数を生き抜いた木の根に近い芯材部分が良さそうです。

時計のムーブメントはどちらも電波式クォーツを使用しています。
ちょっとシンプル過ぎる感も有るんですが、杢目を生かそうと思うとこの位が良い感じなのかなと・・・。
数字での表現や線の使い方でもイメージが全然変わって来ると思うので、あれこれ考えていると楽しくなって来ますね。

とりあえず1発目なのでシンプル路線ですが、時計造りはシリーズ化?していこうと思っているので色々試していきたいと思っています。
ちなみに手持ちの材料だと欅、檜、栂、タモなどの樹種でもOKです。
また、四角や楕円、自然の形を生かした形状などの形違い、額付きや置時計、家具一体型なども造ってみたいですね。

値段がなかなか決められないでいるんですが、興味をお持ちの方は御連絡して頂いて交渉してみて下さい手(チョキ)
御意見&御要望が有りましたら是非参考にさせて頂きたいので、お聞かせ願えたらと思います。

とはいえ完全に大工としての仕事では無い様な気がしてます・・・ダッシュ(走り出すさま)
ですが、既成概念や先入観に囚われず、興味が有る事、出来る事をやっていけたらと思っていまするんるん
posted by kusama at 19:53| Comment(0) | SHOWCASE(作品事例)

2012年04月30日

川口市 M邸 ウッドデッキ製作 完成編

こんにちは 草間です。
G.W真っ只中ですが、皆さん如何お過ごしでしょうか。

天気もまずまずで行楽日和ではありますが、ここ最近大きな事故の報道が多く報道されています。
今日も久喜市のリフォーム現場に向かう途中で自転車と大型トラックの重篤な人身事故を目にしました。
皆さんもいつも以上にお気をつけて頂けたらと思います。


さて、先週末に工事したM邸のウッドデッキです。

IMG_1062.JPG


反対側から。
今回、デッキ部分は当社で用意したウリン材で製作し、用水路上に降りる為の階段はお客様がご用意されたアルミ製部品を組み合わせました。


IMG_1066.JPG


M邸は家の真裏(南側)が用水路になっています。
こちら側から頻繁に出入りする訳ではありませんが、LDKの掃き出しサッシや勝手口とは1m位の段差になってしまい、もしもの際の避難経路として考えた場合には少し危険な状態でした。

室内の床と同じ高さでのデッキの施工も考えましたが、より用水路のの高低差が出来てしまう為、サッシに腰掛けてちょうど良い高さまで低くして施工ひらめき

ウッドデッキというよりは濡れ縁的な要素が強いですが、南側面にこう云うスペースが出来る事でちょっと座布団を干したり、洗ったクツや上履きを干したりするにはかなり便利になったのではと思います。

ちなみに施工後にここでお茶を頂いたんですが、天気が良かった事も有りとても気分爽快でしたるんるん
また経過を見させて頂きがてら日向ぼっこしに伺いたいと思っていますわーい(嬉しい顔)
posted by kusama at 14:13| Comment(0) | SHOWCASE(作品事例)

2012年04月27日

川口市 M邸 ウッドデッキ製作 準備編

こんばんは 草間です。

もうすぐゴールデンウィークですが、年齢を重ねたせいか?連休で嬉しい筈なのにワクワクしなくなった自分がちょっと寂しい今日この頃ですバッド(下向き矢印)
暦通りでは有りませんが、後半の連休は取れそうなので、少しゆっくり出来ると良いなと思っています。

連休中に気持ちにゆとりを持ってリフォーム工事の見積り作成と、町会役職の関係書類に目を通し、作成準備をある程度進めておく予定です。


さて 久々にM邸の記事になりますが、延び延びになっていたウッドデッキ工事に取り掛かります。
以前の予定では檜で製作予定だったのですが、経年のメンテナンス性を考慮しウリン材での施工となりました。

まずは作業場に材料の搬入。
大引き材 90x90x4000

ウリン90x90x4000.JPG


デッキ材(リブ付き面が上面)
30x105x2000

ウリン30x105x2000.JPG


今回はいわゆる濡れ縁的な形状なので、デッキ材の長さをカットしてから下穴や皿穴加工をする事で現場での加工を最小限にします。

ウリンデッキ材リブ付.JPG

ウリンは無塗装でも耐用年数が約20年とかなり高耐久な木材なのですが灰汁の多い材でもあるので、現場での加工を減らして灰汁の出易い木屑を出さない様に心掛けています。

また硬くて比重も高い材で、ビスや釘で固定する際に下穴を開けておかないと割れる事が多いです。
なので、下穴とビスの頭がしっかりと板の上面より下がって仕上がる様に皿穴加工もしておきました。

ウリンデッキ材皿穴加工 (2).JPG

一枚に4か所x62枚で248か所・・・なかなか遣り甲斐が有りましたたらーっ(汗)
板の木取りと穴加工で半日以上、大引きと束の加工でも半日・・・材料が重くて硬いので何をするにも手間と時間が掛ります。
電動丸ノコやノミ等の刃物もかなり痛みが激しいです・・・あせあせ(飛び散る汗)

ウリンデッキ材 加工済み.JPG


加工も終わり、軽トラに道具と材料を積み込んでいるとガサガサと音がするので作業場の奥の方を見ると・・・

子猫と母猫.JPG

子猫が居る〜揺れるハート
カ・カワイイ・・・と思い、ちょっと触っちゃおうかと思って近づこうとしましたが、右下に写っているお母さん猫が超睨んでいたので諦めましたバッド(下向き矢印)
どこから来たかはわかりませんが、暫くはココで子育てする雰囲気でした。
自分には何も出来ないけど無事に立派な猫に育って貰いたいです。


さて、そんな準備も一通り終わり、明日はいよいよ現場で施工です。

出来上がったらまた報告しますね〜るんるん
posted by kusama at 18:44| Comment(0) | SHOWCASE(作品事例)

2011年10月02日

左官屋さん宅の杉無垢板テーブル その3

おはようございます 草間です。

キンモクセイの花の香りが秋を実感させてくれます。
清々しい陽気で気分も自然と高揚して来ますねぴかぴか(新しい)



さて左官屋さん宅のテーブルですが、ようやく無事完成しました。


IMG_0728.JPG


磨いた結果、雲が綺麗に映り込むまでにひらめき
予定を変更して無理を言って昨日納品して来ました。


納品した状態も画像に納めて来ようと思っていたんですが、喜んで貰っている笑顔を見ていたら、すっかり忘れて帰って来てしまった・・・わーい(嬉しい顔)


でも自分で全て手掛けたこの杉の板が左官屋さんの家で可愛がって貰える事を実感出来た、造り手として幸せな一日になりましたるんるん
posted by kusama at 05:38| Comment(0) | SHOWCASE(作品事例)